衣料のお手入れでトラブルが発生したとき:色移りした、色ムラができた

濃色の衣料(衣類)と一緒に洗濯したら、白い衣料(衣類)が変色してしまった。

事例

衣料: 

 白いワイシャツとジーンズ

素材:

 白いワイシャツ:綿 100%
 ジーンズ:綿 100%

  

原因

洗濯液中に濃色衣料から落ちた染料が、一緒に洗濯した白い衣料に染着(移染)したため、ブルーに変色した。

回復方法

・移染した直後に乾燥させずにすぐに洗濯しなおすと、回復する場合がある。
・洗濯表示に従い塩素系漂白剤もしくは、酸素系漂白剤を使用すると回復する場合がある。

防止策

・濃色の衣料は色落ちする可能性があるので、白い衣料とは分けて洗濯する。
・濃色衣料と一緒につけ置き洗濯をすることは避ける。
・濃色衣料と一緒に洗った場合は、洗濯槽の中に長時間放置しない。

関連情報はこちら

濃色衣料の色落ち

ジーンズや藍染めなどの衣料、コーデュロイのような毛羽のある衣料、インド綿などの濃色衣料は製造工程でのソーピング(染料を洗い流す作業)不足や染色不良のため、色落ちする場合が多い。そのため、洗濯液に溶け出した染料が一緒に洗った他の衣料に染着する。 同種の繊維の場合には、より染着しやすい。

ご意見賜りましてありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

Powered by i-ask

トラブル対処法一覧へ戻る

が付く項目は他のカテゴリのコンテンツへ移動します